保育士転職

MENU

女だらけのの職場である保育士は人間関係が面倒です

保育士,女の職場,人間関係

子供が好きだから」「小さい子供たちと触れ合っていたくて…」こんな理由で保育士を目指す方は多いですよね。しかし保育士は、子供たちと触れ合う以前に女の職場であることを忘れてはいけません。

 

近年では男性の保育士も増えているようですが、やっぱりまだまだ多いのは女性保育士。男性保育士がいる園のほうが珍しいくらいです。

 

幼稚園、保育園によっては園長先生も女性で、男性はバスの運転手しかいない、といったところもあるでしょう。女の職場では上手く付き合っていかないと嫌がらせの対象となり、陰湿ないじめを受けることもあります。

 

また、いじめまでいかなくても先輩お局保育士のご機嫌取りをしたり、常におだてたりしなくちゃいけなかったりして、子供たちに接するよりも気を使ってしまいます。

 

毎日こんな生活を送っていると、保育士としての仕事よりも人間関係で疲れてしまい、出勤するのが億劫になったりすることもあるでしょう。それならば、いっそのこと今の職場を辞めて転職してみるのも1つの方法です。

 

転職したことで人間関係が改善され、毎日楽しく出勤できるようになった方はたくさんいます。また人間関係だけでなく、給料も上がり残業も少なくなって働きやすくなった、と感じる方もいるのです。

保育士同士の人間関係に悩んだ時は転職も視野に

保育ひろば

皆さんは「保育ひろば」という転職サイトを知っていますか?保育士による人間関係もそうですが他にも園長と合わなかったり、給与が低かったり、残業が多かったり、家から遠くて通勤するのが大変…などの理由で転職を考える時ってありますよね。

 

しかし転職したくてもハローワークに行く時間がない、求人誌には情報が少なく転職先も見つけられずにいる方も少なくないはずです。そんな時に役立つのが「保育ひろば」という転職サイトです。

 

保育ひろばはwebサイトなので24時間利用可能!しかもパソコンやスマホがあれば、家でくつろぎながら空いた時間で求人を探すことができます。

 

また専任のコンサルタントによって、自分にピッタリな求人をピックアップしてくれるので、忙しい方も満足のいく転職活動が可能です。しかも登録料・利用料は無料!どんな求人があるのか興味本位で…、今よりも良い条件のところはないかな…、という感じで利用してみると案外良い雇用条件にヒットするかもしれませんね。

 

職場での人間関係を我慢していても良いことは1つもありません。家庭に影響したり、精神的に病んだりすることもあるので、解決策として転職するのも1つの方法です。それに転職することは逃げるということではなく、自分を守る手段と考えれば気が楽になるものですよ。

 

⇒保育士の転職をお考えの方は《保育ひろば》へ

保育士の仕事は人間関係が複雑!?ストレスを抱えやすい職業

保育士,人間関係,ストレス

皆さんは保育士をしていてストレスを感じたことはありませんか?

 

単純に子供同士のケンカ、園児が言うことを聞いてくれない、わがままを言って手を付けられない…。小さい子供を相手にしているんですから、こんな事は日常茶飯事ですよね。少し気持ちに余裕がある時は可愛いとさえ思ってしまうこともあるでしょう。

 

しかし、多くの保育士がストレスを感じる瞬間は子供ではなく、職場の人間関係にあるのです。実はある統計で保育士の90%以上が「職場の人間関係でストレスを感じたことがある」と回答しています。

 

子供たちには決して悟られてはいけない人間関係って、どこにでもあるものなんですね。人間関係で悩む職業は決して少なくありません。

 

しかも子供たちの手前、いつもニコニコとしていないといけないので、より大変な職業ですよね。もし人間関係が原因でストレスを感じているのなら、転職すると意外にあっさり解決できるかもしれません。

 

女の職場では特に理由がなくても「若いから」「可愛いから」という理由だけで無視されたり陰湿な嫌がらせを受けることがあります。しかも50代の保育士が20代の保育士に嫌がらせをするケースも…。

 

特にいじめられる原因が無いんだったら、サクっと転職して新しい職場で働いたほうが上手くいきやすいですよ。

人間関係が原因で保育士を辞めたい人たちへ

保育士,人間関係,辞めたい

保育士は女性が集まる職場なので、一般企業や公務員など男女が入り混じっている職場よりも人間関係がこじれやすいと言われています。

 

現に、人間関係が原因で保育士を辞めた方は多く、今もなお「保育士を辞めたい」と思い悩んでいる方は少なくないかもしれません。

 

保育士という職業が自分には合っていない、他にもやってみたい仕事がある、といった理由で辞めるのであれば後悔することはないでしょう。しかし本当は好きなのに人間関係が上手くいかないから、という理由だけで辞めてしまうは後悔だけが残ってしまいます。

 

もし、人間関係だけが原因なら保育士を辞めるのではなく、職場を変えてみてはいかがですか?職場が変われば、一緒に働く保育士やスタッフもガラっと変わります。

 

一から人間関係を築かなければいけませんが、上手くいけばきっと居心地の良い職場になると思います。女性同士の嫌がらせは陰湿で、ストレスばかりが溜まっていくものです。

 

我慢し続ければ限界がきて、うつ病や人間不信にもなり兼ねないので、思い切って転職することで自分を守るのも1つの手段です。転職すれば人間関係だけでなく雇用条件も良くなったりすることもあります。

 

現状維持で満足、我慢するのではなく、希望を持って転職を考えてみてはいかがでしょう?

保育士で人間関係に悩んだら…次の職場選びで失敗しないコツ

保育士,人間関係,コツ

人間関係に悩み辞めていく保育士は意外と多いものです。保育とは全く関係のない職に就いている友人に話をするとほぼ100%の確率で「人間関係が複雑そう」と言われます。

 

女の集まりなので、何にも無いわけがないんですけどね…。一度、職場で嫌な思いをするとトラウマになり、次の職場を探す気さえ起らないかもしれません。

 

いっそのこと、保育士そのものを辞めようかと思い悩む方も多いのでは?しかしちょっとしたコツさえ掴んでおけば、転職する保育園・幼稚園選びで失敗するリスクを大分減らすことができます。

 

転職する保育園・幼稚園を選ぶコツは主に3つあります。1つは人の出入りが激しい、常に求人が出ているところは避けましょう。こういった園は辞める人が多く、長続きしない傾向が見られます。

 

大概、保育士同士のトラブルや園の方針に違和感があるなど、何かしら原因があるはずです。また2つ目は面接官の態度をチェックして、園の雰囲気や園長先生の人間性を感じ取りましょう。

 

もし少しでも話が合わなそう、働きづらそうと思ったら採用されても辞退したほうが無難です。そして3つ目は、長く続けている保育士が多い園を選ぶことです。

 

だいたい5年以上続けている保育士が多い園は環境が良く、働きやすいと思われます。この3つのコツを覚えておくと、転職する際にきっと役立つはずです。